子供の指摘。

私は60歳を過ぎる女性ですが、ある年齢から、急に髪が薄くなりはじめました。

シャンプーをしても、手に触る髪の感じが細く柔らかく、簡単に地肌に触れるような感じがしていたのです。

怖いな…と思いながらも、恐怖から見て見ぬふりをしていました。

 

でもある日、子供と一緒に海浜公園を散歩していた時です。

暑さの為に帽子を脱いだ瞬間、子供が「お母さんうしろがやばい!!」と、突然言ったのです。

太陽の光に透けて、かなり「あぶなく」見えたようです。

あまりにドキッとした為、将来の為に育毛をしよう!と決意しました。

 

私がずっと使っている育毛剤は、資生堂ベネフィークの、頭皮用エッセンスです。

赤いボトルに、金の口がついているやつですね。

160ミリリットルで、6000円くらいしたと思います。

デパートの化粧品売り場で、店員さんに相談したところ、これを出してくれました。

 

使い方は、夜の洗髪後+髪を乾かしたあとの清潔な状態で、頭皮に直接金の口が当たるようにしながら、「特にやばい」場所に、エッセンスを馴染ませていきます。

その後、頭皮が動くぐらい、頭皮を柔らかくするイメージでマッサージをします。

かなり気持ちいいですよ。

 

一本を3カ月くらいで使いきり、今は三本目に突入しています。

最近、シャンプーも、話題のスカルプDの女性用に変えました。

男性用は特に、芸人さん達が使って、効果があったことで有名ですよね。

これも「髪よりも頭皮!」という感じで、優しく頭皮をマッサージしています。

顔をケアするように、頭皮を大事にするようにしていますよ。

 

美容院での髪のカラーも、きっぱり辞めてしまいました。

子供にかなり、薄毛についてツッコまれたので、美容院で茶色にするのを止めたんです。

折角育てている頭皮が、薬剤で傷つきそうですし、髪は茶色より黒のほうが、断然太く、健康的に見え、太陽に透けにくいと思うからです。

 

食事では、とにかく女性ホルモンのエストロゲンを増やす為、納豆、豆腐、豆乳などの、大豆製品をたくさんとっています

<育毛を促す。>でも書きましたが生活や食事を見直すことはとても大切なんです。

特に豆乳は、毎朝ヨーグルトと一緒に、深いコップに一杯、そのまま飲んでいます。

料理には牛乳の代わりに使用すると、ホワイトソースになるので、豆乳グラタンを作ったりします。

一番のおすすめは、エストロゲンを増やす、黒豆ココアと一緒に、温めた豆乳を飲むことです。

全く癖がなく、めちゃめちゃ美味しいですよ。

豆乳の癖が嫌だという人は、調整豆乳ではなく、無調整豆乳を選んでくださいね。

サプリでは、ノコギリヤシなどを、一本試してみましたが、調べるとあまりに「男性用」と強調されているので、恐くなってやめてしまいました。

 

おかげで今では、子供に「お母さん髪の効いてるよ!頭皮みえないもん!」と言われる程に成長しました。

触る感じも、ハリやコシが出て、太くなってきたような気がします。

一応、何かある時の為に、「部分ウイッグ」も作ったのですが、それがあまり活躍しないように、これからも頑張って育毛に励みたいと思います。

季節による脱毛の違い。

抜け毛は年中同じように抜けるわけではなく季節によって多少の違いがあります。

ですので季節ごとに脱毛の原因を理解して、育毛に役立てていくことが大切です。

 

まず春ですが、この時期は季節の変わり目特有のホルモンバランスの乱れが現れやすくなります。

子どもの卒業入学の季節でもありますし、社会人としてスタートしたりすることで新しい人間関係によるストレスも受けやすくなります。

そういったストレスに加え、この季節は頭皮も敏感になっています。

ですので急にシャンプーや育毛剤を変えたりせずにしばらく使っているもので様子を見ることが大切です。

また規則正しい生活をいつもより意識して睡眠などもじゅうぶん取ることが髪にとっても必要ですし育毛にもつながります。

 

夏は紫外線が特に強くなります。

紫外線自体は4月頃から9月頃までピークを迎えますし、紫外線は最も髪によくない原因のひとつです。

頭皮も皮膚と同じなので日焼けします。

紫外線は頭皮や毛髪の水分を奪って乾燥させます。

頭皮の乾燥は毛根の活動を弱らせ育毛のサイクルを短くするため弱く細い髪しか生えなくなります。

ですので夏はとにかく紫外線を避けましょう。

帽子をかぶる、日傘をさす、あるいは頭皮用の日焼けスプレーなどを利用しましょう。

また帽子はこまめに変えて雑菌などの繁殖にも気をつけましょう。

 

秋は抜け毛の本番になります。
急に髪が減ったと感じ始めるのは秋が多いです。

夏の紫外線のダメージが出てきますし夏とに気温差によって頭皮自体もストレスを感じやすくなります。

この季節は思ったように育毛が進まないので育毛剤などの使用をやめたくなりますが、この季節こそ育毛に力を入れましょう。

根気よく頭皮の土壌作りをするつもりで育毛剤などを続けることはとても大切です。

この時期は抜けやすい時期だと覚悟して抜け毛をストレスに感じないようにしましょう。

またこの時期は一気に頭皮の乾燥も進みます。

顔の肌などが乾燥するのと同じく頭皮自体の保水力も低下します。

そのためシャンプーはこの時期には保湿を重視したものに変えることも良いでしょう。

 

最後に冬ですがこの季節は寒さによって血管が収縮し、血行が悪くなります。

その血行の悪さは頭皮でも顕著になります。

血行が悪くなると毛根に十分栄養が行きわたらなくなります。

毛根に栄養が行きわたらないと毛髪の育成が不十分になるという悪循環に陥ってしまいます。

それを改善するためには適度な運動も効果がありますし、正しい頭皮マッサージもこの時期は大切なので行ってみましょう。